ANA//DIAのタックスへイヴン

現役ANA DIAの空マイラーが陸マイラーを兼任

【2】.money(ドットマネー)を経由して稼いだポイントを無料でメトロポイントへ交換

f:id:dia-taxhaven:20170216114422p:plain

 

ポイントサイトで貯めたポイントをメトロポイントに変えてみましょう。

 

今回紹介する「.money」は、あくまでポイントの中継所です。

 

ハピタス・ちょびリッチからは直接メトロポイントへは変えられないので、仕方なく.moneyを使うと割り切りましょう。

こちらでも少額のポイントを稼ぐ事はできますが、大量ポイントを稼ぐにはあくまで、ハピタス・ちょびリッチを使用しましょう。

 

.moneyの運営元は、Amebaで有名なサイバーエージェントになりますので安全性も高いです。

 

手順としては前回の記事にあるように ↓↓

 

 

ソラチカカードを申し込む

(申し込み前でもポイントサイトで、ポイントを貯め始めていて問題ないです)

   ↓

ポイントサイト(ハピタス・ちょびリッチ)会員登録後、ポイントを貯める

   ↓

.moneyでメトロポイントに変換 ★今回の記事はこの段階です。

   ↓

メトロポイントからANAマイルへ交換

 

となっています。

 

ポイントサイトからメトロポイントに変換するためのサイトとして「.money」の他に「PeX」というものもありますが、手数料としてポイントを少し取られてしまいます(50円分くらいですが...)

しかし、50円分払うより、無料の方が良いに決まっています。

 

今回のようにハピタス・ちょびリッチを利用する際は、手数料無料でメトロポイントに交換できる「.money」一択です。

 

交換レートは最低300マネーから交換でき、300メトロポイントになります。

早速交換してみましょう!

 

まず、必ずメトロポイントを選択します。直接ANAマイルに交換することも出来ますがレートが異なります。

 

メトロポイントを経由しない場合だと以下のようになってしまいます。

 

.moneyからメトロポイントを経由 300マネー → 300メトロポイント → 270ANAマイル

.moneyからANAマイルに直接交換 300マネー → 85ANAマイル

 

全然違いますよね... くれぐれも気をつけましょう。

 

 

1. .moneyからメトロポイントを選択し、確認ができたら「交換する」ボタンを押します。

 

f:id:dia-taxhaven:20170216112046p:plain

 

2. その後、本人確認のため登録時に設定した暗証番号を入力し、「次へ」のボタンを押します。

 

f:id:dia-taxhaven:20170216112058p:plain

 

3. 今回は4,500マネーを交換してみたいと思います。

お客様番号欄にはソラチカカード券面に書いてある、お客様番号を記入しましょう。

 

     f:id:dia-taxhaven:20170216123656p:plain

 

名前をローマ字で入力し、交換マネー数に「4,500」と入力します。そして「確認する」ボタンを押します。

 

f:id:dia-taxhaven:20170216115637p:plain

 

 

4. 確認後、交換を実行します。

交換終了後、トップページから「ドットマネー通帳」をクリックし、明細を確認してみます。一番上に「-4,500マネー」とありますね。

これで無事交換完了です。メトロポイントへの反映を待ちましょう。

 

f:id:dia-taxhaven:20170216115501p:plain

 

私は、上の画像の明細のように、ハピタス・ちょびリッチで稼いだポイントは、反映されたら即座に.moneyに交換するようにしています。実際にポイントからマイルへの交換にかかる日数短縮のためです。

 

次回はメトロポイントからANAマイルへ変える最終段階について説明したいと思います。

スポンサーリンク

 

ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中