ANA//DIAのタックスへイヴン

現役ANA DIAの空マイラーが陸マイラーを兼任

プラチナからダイヤモンドへ! ANAホームページ上のステイタス表示が変わりました

 

最後のダイヤモンド修行フライトを終え、ようやく自宅まで戻って来れました。この時点で熱が38.5度まで上がっていました(笑)帰りの那覇ー羽田便の機内では食事もせず、ずーっと寝て過ごしました。

過去に、成田ーニューヨーク間をエコノミークラス3列席の中央に座って過ごして以来の辛い旅でした。。

 

 翌日、早速ANAホームページにログインすると、ロゴはプラチナのままなのですが、「来年度ダイヤモンドサービス基準に到達しました」という表示が現れていました。

 

f:id:dia-taxhaven:20161224142643j:plain

 

 

そして、またその翌日改めて見ると今度はロゴ、色もダイヤモンドメンバーのものに変わっていました。

ここまで状態が変われば、ダイヤモンド事前サービスが利用出来るようになります。

 

f:id:dia-taxhaven:20161224142710j:plain

スポンサーリンク

 

通常、2016年1月〜12月までに集計されたプレミアムポイント(以下、PP)は、2017年4月からのステイタスに反映されることになります。しかし、私のように2016年の12月に100,000PPを貯めて次年度のダイヤモンドメンバー基準に達した翌々日、上記画像のようにロゴがダイヤモンドに変わった瞬間から、事前サービスとして通常のダイヤモンドメンバーと変わらないサービスを受けれるようになります。(SUITE CHECK-INやSUITEラウンジの使用、マイル積算レート向上、優先手荷物の最優先返却などが利用可能に)

 

注意点としては、付与されるアップグレードポイントは、翌年の4/1から1年間の間で使用出来る設定になります。

アップグレードポイントとは、

  • 国内線普通席の予約からプレミアムクラスへ、搭乗当日ANAカウンターにて無償変更の際
  • 国際線予約時、アップグレード対象エコノミークラス運賃で航空券を購入し、ビジネスクラスへの変更の際

などという機会に主に使用出来るものです。

 

様々な魅力的サービスのあるダイヤモンド会員ですが、1日でも長くこのダイヤの恩恵を受けたい!ということであれば、裏技?もあります。

例えば来年を例として考えてみると、、

ANAマイレージクラブ平会員の方が、2017年1月初めから、2017年2月くらいまでの間にプレミアムポイントを、プラチナ・SFC(スーパーフライヤーズカード)目標なら50,000PP、ダイヤなら100,000PP達成すると、その翌々日からプラチナまたはダイヤモンドサービスが利用できます。そして、そのサービスが2018年の3/31まで適用されることになります。

また、2月の達成翌々日から、SFCの申し込みも出来るようになります。SFCとはなんぞや?という方は ↓↓ をご覧ください。

 

 

早期に達成してしまうと、ほぼ2年間プラチナまたはダイヤモンドサービスの恩恵を受けられることになりますね。普段仕事で飛行機に乗る機会があまり無い、本当に修行のためだけに飛行機に乗る機会を設けるならば、この上ないやり方となるでしょう。

 

また、ダイヤモンドメンバーの詳細や、2017年の効率の良いSFCやDIA修行のやり方は近々記事にしたいと思っています。

 

ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中