読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANA//DIAのタックスへイヴン

現役ANA DIAの空マイラーが陸マイラーを兼任

ANAフォンが10,000円割引キャンペーンを実施中!!

f:id:dia-taxhaven:20170304205922p:plain

 

サービスが開始した当初から少し想像できてはいましたが、やはり加入者が想定していたよりも少ないのでしょうか。確かに料金はMVMOにしては値段が高めなので...

 

しかし!2017年6月30日までの期間限定ではありますが、10,000円を税込の支払い総額から割引というキャンペーンが開催中です。

 

続きを読む

ANA国内線ラウンジ(羽田・伊丹)の空いている時間帯とは?

航空ネタ

f:id:dia-taxhaven:20170228151039j:plain

 

最近の航空会社の上級会員サービスは、有名無実化している感があります。あまりに人数が多すぎて羽田ー伊丹線などは乗っていて、本当に悲壮感に包まれまれると思います。それでも会員資格が無いよりはあったほうが確実に良いのですが...

千歳、福岡、那覇線なども、かなり会員の人数は多いと感じます。

 

続きを読む

香港にて限定トミカを発見しました!

 

f:id:dia-taxhaven:20170226172258j:plain

 

香港まで行っておりましたが帰国の際に、こんなものを見つけました。

香港タクシーのトミカです。中国限定でこんなものまで出していたのですね。小さい子供に何か良いお土産はないかな?と思った時、なかなか良いお土産になるのではないでしょうか?

続きを読む

【0】まず、ソラチカカードを作ろう!(現在キャンペーン中)

ソラチカカード マイル適正使用方法

 

これまでソラチカカードを利用し、ポイントサイトを経由してマイルに変える方法を解説してきました。

 

 

しかし、ソラチカカードを持っていなければ全ては始まりません。今回は、この「ソラチカカード」の説明をしてみたいと思います。

 

ソラチカカードは、東京メトロANAJCBが提携して発行するクレジットカードになります。

ANAカードは他にも沢山ありますが、簡単にいうと、このカードだけは唯一無二。特別なのです。年会費10万円前後の、「ANAカードプレミアム」でも絶対に出来ないことができます。

それは...

 

このカードを持っていると、ポイントサイトで稼いだポイントをマイルへ変える時のレートが格段によくなるのです。

 

まずは、それぞれのポイント交換レートを見てみましょう。

 

ソラチカカード保有の場合(ソラチカルート)

 

f:id:dia-taxhaven:20170218222330p:plain

 

ソラチカカードなしの場合 

 

f:id:dia-taxhaven:20170218222347p:plain

 

矢印のところを注視しましょう。同じ20,000ポイントを交換するのに、ソラチカカードが「ある」と「なし」では、6,000マイルも差が出るのです。

ソラチカカードを持っているだけで、メトロポイントからマイル(東京メトロANA)に変える際のレートが最終的に10%の手数料を取られるだけで済んでしまいます。

 

★上記画像では交換まで約125日とありますが、実際には交換のタイミングを上手くすれば(私の場合、.money、メトロポイントに反映されたら即、次のポイントに移行するようにしています)確実にマイル反映までの期間は短くなります。

 

注意点

  • 家族会員ではこのソラチカルートは利用できません。本会員のみです。家族内でソラチカルートを使用したい場合、その別の家族名義のソラチカカードをもう1枚発行する必要があります。 
  • ソラチカカードにはJCBがついていますが、このカードで普段のショッピングをする、しないはどちらでも構いません。 ショッピング利用ならばレートの良いクレジットカードが他にもあります。

 

あくまで、ソラチカカードはポイントサイト(ハピタス・ちょびリッチなど)のポイント→ANAマイルへの最強変換ツールなのです。

 

このソラチカカードの維持費ですが、初年度年会費無料なのに、入会ボーナスマイルとして1,000マイルが何もしなくても貰えます。

2年目以降は2,000円の年会費がかかりますが、更新マイルとして1,000マイルが再び付与されますので、1マイル=2円分の価値と考えると、実質永年無料のようなものです。

 

また現在、2017年4月30日の申し込み受付分まで限定で最大6,500マイル+500メトロポイントがもらえる入会キャンペーンが開催されています。

 

 

  1. 新規入会で1,000マイル
  2. ANAウェブサイトでキャンペーン参加登録をすると500マイル
  3. 2017年5月31日までにPASMOオートチャージをサービスを利用すると500メトロポイント
  4. 2017年5月31日までにANA国内線1回搭乗で500マイル、ANA国際線1回搭乗で1,500マイル
  5. 2017年5月31日までにANAマイルカードプラス加盟店で、10,000円以上の利用で500マイル、30,000円以上の利用なら3,000マイル

 

上記の案件をクリアすることが、マイル付与の条件です。

ソラチカカードは、上記のような最強変換ツールとしての利点から放っておいても入会者が増えるカードなので、キャンペーンが行われること自体なかなかありません。

ものすごく良いキャンペーンとは言えませんが...

入会が未だでこれからポイントサイトでポイントを貯め始める方にとっては、見逃せないキャンペーンだと思います。

 

今回の記事「0」から「1」「2」「3」と順に読んでいただいて行動を実践できれば、陸マイラーとしてのスタートがきれます。なるべく要所を考え、シンプルにまとめたつもりですのでチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

 

ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 

【3】メトロポイントを経由し、ついにANAマイル口座へ反映!

ソラチカカード マイル適正使用方法

 

ここまでポイントを伴い長い旅でした。しかし、ポイントがマイルへ反映された時の喜びはひとしおです。

陸で貯めたマイルは、飛行機に乗って貯めたマイルよりも充実感・達成感があると思います。私は愛着すら湧いてきました(笑)

 

 

まず、これまでの流れをおさらいします。

 

ソラチカカードを申し込む

(申し込み前でもポイントサイトで、ポイントを貯め始めていて問題ないです)

   ↓

ポイントサイト(ハピタス・ちょびリッチ)会員登録後、ポイントを貯める

   ↓

.moneyでメトロポイントに変換

   ↓

メトロポイントからANAマイルへ交換 ★今回の記事はこの段階です。

 

 

さぁついに、ここでソラチカカード発動です。

★今回の最終段階までにソラチカカードを申し込み、手元にカードが届いている必要があります。

 

この段階まで来てしまえば、あとは単純です。

まず、以下のメトロポイントのサイトにアクセスします。

↓↓

Tokyo Metro To Me CARD 会員専用サイト|ログイン

 

f:id:dia-taxhaven:20170216140941p:plain

 

この画面になりましたら、「お客様番号」「確認番号」を入力してログインします。

 

     f:id:dia-taxhaven:20170216135054p:plain

 

お客様番号は上の画像の位置にあります。

確認番号は、申し込まれた方の生年月日の月日の部分になります。

 

1990年2月15日生まれの場合 → 0215 1980年10月5日生まれの場合 → 1005

 

上記のように、4桁になるよう設定しましょう。

 

これでログインできるようになりました。

 確認番号はログイン後、お好きな番号に変更できます。

 

1. ログイン後、「メトロポイント移行申請」のボタンを押します。

 

f:id:dia-taxhaven:20170216143659p:plain

 

2. 次にANAマイレージクラブへの移行を選択します(くれぐれも楽天nanacoポイントなどを選択しないよう注意です)

 

f:id:dia-taxhaven:20170216143716p:plain

 

3. 確認後、希望のマイル数の申し込みをして完了です。翌月以降、ご自身のマイル口座への反映までしばらく待ちましょう。

 

1,000メトロポイント → 900ANAマイルというように、10パーセントを移行手数料として取られてしまいますが、他のどのサイトを経由するよりも確実にマイルの貯まる方法です。躊躇せず申し込みましょう。

 

注意点として、メトロポイントからANAマイルへは交換上限が設けられており、毎月20,000メトロポイントまでと定められています。

ですので、

 

20,000メトロポイント x 0.9(手数料) = 18,000マイル

 

と、毎月最大18,000マイルまで交換が可能となっています。

 

なぜ、サイトを経由するだけで入ってくるマイルが全然違うの?という疑問はあると思います。

しかし、それぞれ企業には利害関係があって、私たちの行なっているのはポイントの上手な土地転がしのようなものだと思うのです。この疑問については今後記事にしたいと思います。

ただ、このマイルのバブル期も今後はポイント交換レートの改悪などが十分考えられますので、いま、まさに行動を始めるべきだと考えます。

スポンサーリンク

 

ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 

【2】.money(ドットマネー)を経由して稼いだポイントを無料でメトロポイントへ交換

ソラチカカード マイル適正使用方法

f:id:dia-taxhaven:20170216114422p:plain

 

ポイントサイトで貯めたポイントをメトロポイントに変えてみましょう。

 

今回紹介する「.money」は、あくまでポイントの中継所です。

 

ハピタス・ちょびリッチからは直接メトロポイントへは変えられないので、仕方なく.moneyを使うと割り切りましょう。

こちらでも少額のポイントを稼ぐ事はできますが、大量ポイントを稼ぐにはあくまで、ハピタス・ちょびリッチを使用しましょう。

 

.moneyの運営元は、Amebaで有名なサイバーエージェントになりますので安全性も高いです。

 

手順としては前回の記事にあるように ↓↓

 

 

ソラチカカードを申し込む

(申し込み前でもポイントサイトで、ポイントを貯め始めていて問題ないです)

   ↓

ポイントサイト(ハピタス・ちょびリッチ)会員登録後、ポイントを貯める

   ↓

.moneyでメトロポイントに変換 ★今回の記事はこの段階です。

   ↓

メトロポイントからANAマイルへ交換

 

となっています。

 

ポイントサイトからメトロポイントに変換するためのサイトとして「.money」の他に「PeX」というものもありますが、手数料としてポイントを少し取られてしまいます(50円分くらいですが...)

しかし、50円分払うより、無料の方が良いに決まっています。

 

今回のようにハピタス・ちょびリッチを利用する際は、手数料無料でメトロポイントに交換できる「.money」一択です。

 

交換レートは最低300マネーから交換でき、300メトロポイントになります。

早速交換してみましょう!

 

まず、必ずメトロポイントを選択します。直接ANAマイルに交換することも出来ますがレートが異なります。

 

メトロポイントを経由しない場合だと以下のようになってしまいます。

 

.moneyからメトロポイントを経由 300マネー → 300メトロポイント → 270ANAマイル

.moneyからANAマイルに直接交換 300マネー → 85ANAマイル

 

全然違いますよね... くれぐれも気をつけましょう。

 

 

1. .moneyからメトロポイントを選択し、確認ができたら「交換する」ボタンを押します。

 

f:id:dia-taxhaven:20170216112046p:plain

 

2. その後、本人確認のため登録時に設定した暗証番号を入力し、「次へ」のボタンを押します。

 

f:id:dia-taxhaven:20170216112058p:plain

 

3. 今回は4,500マネーを交換してみたいと思います。

お客様番号欄にはソラチカカード券面に書いてある、お客様番号を記入しましょう。

 

     f:id:dia-taxhaven:20170216123656p:plain

 

名前をローマ字で入力し、交換マネー数に「4,500」と入力します。そして「確認する」ボタンを押します。

 

f:id:dia-taxhaven:20170216115637p:plain

 

 

4. 確認後、交換を実行します。

交換終了後、トップページから「ドットマネー通帳」をクリックし、明細を確認してみます。一番上に「-4,500マネー」とありますね。

これで無事交換完了です。メトロポイントへの反映を待ちましょう。

 

f:id:dia-taxhaven:20170216115501p:plain

 

私は、上の画像の明細のように、ハピタス・ちょびリッチで稼いだポイントは、反映されたら即座に.moneyに交換するようにしています。実際にポイントからマイルへの交換にかかる日数短縮のためです。

 

次回はメトロポイントからANAマイルへ変える最終段階について説明したいと思います。

スポンサーリンク

 

ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中 

【1】ソラチカカードの効力をMAXにし「マイル化する為のポイントサイト」オススメ2選

ソラチカカード マイル適正使用方法

f:id:dia-taxhaven:20170215154933j:plain

 

私もポイントサイトに登録してから、マイルが定期的に入ってくるようになりました(飛行機利用によるマイル獲得を除く)

これまで飛行機の利用やクレジットカード使用で一生懸命マイルを貯めていましたが、ポイントサイトに登録してから、余程簡単にマイルが貯まってきています。

 

        f:id:dia-taxhaven:20170215160927j:plain

 

現在の時点で私のANAマイルは、40万マイルオーバーですが、今年中に65万マイル位までポイントサイト利用のみで到達する見込みです。

 

私も登録前、数多くのポイントサイトを見て調べたりしてきましたが、結果として安心できる間違いなくオススメの2サイトを紹介したいと思います。

 

失敗談として某ポイントサイトでは、せっかく稼いだポイントがあったのですが、初回ポイント交換時は現金交換のみ。といった引っ掛けを経験したり、メールマガジンの登録解除も出来なかったり、本当にロクなことがありませんでした...

そして、いろいろなポイントサイトに登録をし過ぎると確実に管理できなくなります。

 

信頼できるポイントサイトとして、

 

  • ハピタス
  • ちょびリッチ

 

このポイントサイト2ヶ所を登録しておけば、十分です。

登録は下記バナーから行えます。

 

  ハピタス        ちょびリッチ

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス   サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

その後(ポイントをある程度、稼いだ後で良いです)、稼いだポイントをメトロポイントへ変換するサイトに登録します。

 それが、

 

  • .money(ドットマネー)

 

です。

マイルへの変換サイトも何ヶ所かありますが、「.money」一択で良いです。

 

全体の流れとして、

 

ソラチカカードを申し込む

(申し込み前でもポイントサイトで、ポイントを貯め始めていて問題ないです)

   ↓

ポイントサイト(ハピタス・ちょびリッチ)会員登録後、ポイントを貯める

★今回の記事はこの段階です。

   ↓

.moneyでメトロポイントに変換

   ↓

メトロポイントからANAマイルへ交換

 

という感じになります。

流れを理解するためにも、このルートだけで十分です。

 

また上記サイト、登録は全て無料です。

登録時、携帯電話番号の確認がありますが換金性の高いポイントだけに、不正利用防止の意味合いで登録されるだけです。

私も警戒していましたが、一度たりとも営業の電話など一切かかってきた事はありません。

 

ソフトバンクの携帯を持っていたり、ヤフーBBを契約していたりすると定期的に「ソフトバンクBB」の営業電話がかかってくる事がありますが、これに比べたら余程ポイントサイトの登録は安全です...笑

 

次回は「.money」について仕組みや、実際にポイントをマイルへ変える手続きの仕組みを記事にしたいと思います。

 

ブログランキング

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 

「ポイント・マイル」ブログランキング参加中